家計簿アプリとは?【初心者、忙しい人でも続けられる家計簿アプリを解説】

初心者、忙しい人、ズボラな人でも続けられる家計簿アプリとは? お金

家計簿を上手につけられる自信がない初心者や忙しくて続けることが大変な方でも簡単に続けることができる家計簿を知りたくありませんか?

この記事では、初心者でも忙しい人でも続けられる家計簿アプリについて解説します。

家計簿アプリとは?【初心者、忙しい人でも続けられる家計簿アプリを解説】

point
  • 家計簿失敗の理由は「時間」
  • 家計簿アプリは「記録」「集計」の便利機能が満載!!
  • 集計結果は素敵な可視化グラフで見直し

家計簿の失敗例

家計簿を始めても続けることを断念しちゃう人って結構多いですよね。マネーフォワードが実施した「家計簿に関する意識調査」の結果でも57.5%の方が家計簿の挫折経験があると答えています。

家計簿を挫折した割合

ところで、家計簿を途中で辞めちゃう問題って何だと思います?

難しいから?面倒だから?

答えは「時間」です。

家計簿を辞めてしまう理由は、ずばり「家計簿に時間を割くのが面倒」になってしまうからです。

これは、家計簿を手書きやエクセルでつけている人の典型的な失敗例です。

「レシートを保存」「家計簿をつける時間の確保」「レシートを整理」「家計簿帳やエクセルを立ち上げて、家計簿をつける」と毎回やるのはかなり面倒です。

家計簿の記録量によって変わりますが、10分~20分は家計簿に時間を割かれます週末にまとめてやるって事だと30分~40分は時間を割かれます

家計簿の記録を手書きやエクセルでやると相当の時間と労力がかかりますし、ストレスも相当なものです。

よく考えてください。家計簿をつける本当の理由って何でしょうか?

自分のお金の使い方の癖を理解して、自分に適したお金の使い方や貯金のスケジュールを立てるためですよね?

つまり、家計簿の本質は記録ではなく見直しです。

そして、家計簿を続けるコツは本質以外はサボることです!

書いて記録する事が好きな人や、アプリを導入できない環境の方は別ですが。

家計簿アプリなら簡単に続けられる

楽して続けられる家計簿は家計簿アプリです。

先述しましたが、家計簿を続けるためのコツは本質以外はサボる事です。

手書やエクセルだと毎日少しずつ「記録」「集計」に面倒というストレスが積もりますが、家計簿アプリならそのストレスとは無縁です

初心者でも時間のない人でも、ずぼらなひとでも続けられちゃう理由を次のトピックスで説明します。

自動で家計簿がつけられる

家計簿アプリ最大のメリットは家計簿が自動で記録されるところだと言っても過言ではないと思います。

家計簿アプリと金融機関やクレジットカード、SuicaやPayPayのようなペイメントサービスとデータ連携ができます。

データ連携させるとクレジットカードなどの利用履歴が家計簿アプリへ自動で記録されます。

もちろん、勘定科目は使った内容に対して自動で設定されますが、仮に「お小遣い」というオリジナルの勘定科目を作って適用させることも可能なのでアレンジの幅はとても広くできています。

レシートをスマホで写真をとるだけ

データ連携には実際そんなに時間はかかりませんが、連携が面倒!という人でも安心です。

家計簿アプリによってはレシートをスマートフォンで写真を撮るだけで記録できるものもあります。「データ連携が面倒」って人にはとてもおすすめの機能です。

また、店舗によっては現金しか使えない場合もあります。現金決済はレシート撮影機能を使うと記録の手間が大幅に削減されます。

撮影頻度は買い物の都度レシートを撮影してもいいですが「週末にまとめて撮影」がおすすめです。

まとめて撮影する場合でも撮影時間は2分~3分程度ですが、時間に余裕がある日に撮影した方がサボり癖がつくこともありません。

家計簿アプリで必ずやるべきこと

家計簿アプリでも必ず自分の目で確認すべきことがあります。

先述しましたが記録内容を見直す事です。家計簿の自分のお金の使い方の癖を理解して、適切な使い方に修正する事です。

「集計とか面倒じゃないの?」って思っている人も安心してください。

家計簿アプリは集計や見直しに便利な機能が充実しています。

手書きやエクセルだと集計やグラフ化の作成に時間と手間がとられますが、家計簿アプリは素敵な円グラフや棒グラフなどが自動で集計/生成されます。

だから家計簿アプリは「お金の使い方の癖」「余計な出費はないか?」「貯金や節約には何ができるか」だけを考えればいいのです。

もちろん、集計はリアルタイムに行われるので日次、週次、月次など自分に適したタイミングで見直しができますが、家計簿を始めた初月は週次、2カ月目以降は月次で見直しする程度がおすすめです。

また、既婚者の方はパートナーと一緒に見直しをしたほうがより家計簿の効果が発揮されます。 今は共働きの時代ですし、収入が2つあるということは、管理するものも2つあるということになります。

自分一人だけでは家計管理も難しいですが、パートナーと力を合わせれば貯金などの目標も達成が速くなります

家計簿アプリのおすすめ

家計簿アプリの選択のポイント

家計簿アプリ市場の競争は日々激化しているため、日々新しいアプリが作られて選ぶ方としては何を選べばいいかわからないですよね?

そんなときの以下を基準に判断するといいでしょう。

  1. データ連携機能はついてる?
  2. レシート撮影機能はついてる?
  3. 予算機能(シミュレーションは)ついてる?
  4. 複数デバイスで家計簿を管理できる(既婚者向け)?

大手家計簿アプリメーカーであれば上記の機能は揃っていますが、マイナーなアプリだと実装されていない事が多いのでインストール前に確認したほうがいいでしょう。

また、データ連携はアプリメーカーによって連携できる金融機関やクレジットカード会社が異なりまのでこちらも利用前に確認することをお勧めします。

特に④については実装しているアプリメーカーは少ないですが、既婚者などには必ず使ってほしい機能です。

パートナーと一緒に家計管理すると目標達成の確立が大きく変わってきますので、この機能が搭載されているアプリを選んだほうがいいでしょう。

各家計簿アプリの機能の有無やアプリメーカー選択のポイントは以下の記事で詳しく解説してますのでご覧ください。

家計簿アプリはこれを使おう!

色々家計簿アプリを調査しましたが、現役FPの僕が毎回お客様におすすめする家計簿アプリは 「Zaim です。

先ほど挙げた①から④の機能がすべて実装されていますし、インターフェースや使い勝手がとても優秀です。

また、家計簿の本質は見直し書きましたが、人間ですから振り返りを忘れてしまう事もありますよね?

Zaim は週次で支出や入金のサマリーがプッシュ通知やメールで通知されるので忘れてしまった場合でも気づけるような仕組みになっています。

また、貯金のシミュレーション機能や、お金に関するTipsがアプリ内のコンテンツで配信されています。 王道の機能を揃えつつ、痒い所に手が届くアプリとして一押しです。

家計簿アプリのメリットは理解できましたか?

本質以外は徹底的にサボることができる家計簿アプリなら初心者の方でも忙しい方でも楽して簡単に家計簿ができます

現役FPの僕がおすすめする家計簿アプリや、家計簿アプリの機能の詳しい解説は以下の記事で解説してるのでご覧ください。

●筆者概要
マーケティングとお金のプロ
(マーケティングコンサルタント/ファイナンシャルプランナー(AFP、ファイナンシャル技能士2級)/金融経済教育者)
●経歴
会計事務所職員→コンサルティング会社(金融系マーケター)→LINE(金融系マーケター)→mife起業
●mife概要
学生や新婚夫婦に向けた金融経済教育、ファイナンシャルプランナー(AFP)、金融系のマーケティングコンサルタントとして活動中。

Hiroaki Hagiya@mife代表をフォローする!
お金
この記事をシェアする!
Hiroaki Hagiya@mife代表をフォローする!

ランキング参加中!応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

mife blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました