自己投資でお金持ちになる方法【現役FPの教え】

お金

最近は自己投資ってよく聞くけど「実際のところ何をすればいいの?」って思っている人は多いと思います。

この記事に辿り着いた人は学生さんでも社会人でも成長意欲の意識が高い方が多いと思います。

そんな課題を持った人達に向けて「自己投資って何?」って事から、自己投資をする際は幾らお金を使えばいいのってことを現役FP且つ金融マーケティングコンサルタントの僕が簡単に解説します。

この記事を読み終わる頃には自己投資に向けて行動している事だと思います。

自己投資でお金持ちになる方法

自己投資とは?自己投資って何?

自己投資を一言で説明すると

自己成長のためにお金を投資する行為です。

皆さんが小学生や中学生のころに塾や習字、スポーツなど習い事に言った経験ってありますよね?所謂あれのことです。

その当時は両親の勧めやお金で通っていたと思いますが、自分で成長に必要な習い事を選択してお金を支払うことが「自己投資」の行為になります。

自己投資の種類は大きく分けて2つです。

  • スキルの向上
  • 経験の向上

スキルの向上

スキル向上は「社会的地位の獲得」「収入増加」が目的となります。つまり、これらを得るために仕事に関する知識の習得するために書籍ビジネススクールなどに投資して自己成長を促す行為になります。

もちろん、今の職種に限定する必要はなく「将来成りたい職種」に必要なスキル習得でも一向に問題ありません。

最近では技術の進歩が加速度化されているので、過去のように「自分のキャリアプランを決める」ってのは無理です。

なので、定期的に自分の成りたい姿を可視化して「その時に必要な自己投資をする」って感じに緩く構える程度がいいでしょう。

経験の向上

経験向上は「人望」「人との繋がり」「趣味を楽しむ事」が目的になります。一言でいうと人間性の向上や好きなことを極めることが該当します。

心理学的に人は自分の無いものを持っている人間に惹かれる傾向があります。仕事でもそうですが、遊びに関しても趣味への投資は引き出しの数が多くなります。すると「面白いから一緒にいたいな」と相手が思うため、徐々に人望や人との繋がりが広がっていきます。

一方で「会社と自宅の往復が私のルーティン」だという人は非常に危険です。同じ毎日を過ごしていても経験は何も生まれません。人望や人の繋がりを伸ばす場合には誰かに合うことが必須になります。

自分の信念があったとしても物の考え方は十人十色です。様々な意見や人間性を見ることによって自分の信念や考え方がブラッシュアップされます。

ですから異業種交流会ビジネスイベント、もしくは友達と食事など誰かと意見を交わすための投資が経験を向上させます。

自己投資の方法

自己投資を始める時は各ステップに沿って進めていくとより効果的に成長を見込めます。

  1. 半年から1年後に成りたい自分を想像する
  2. 成りたい自分に必要な課題を洗い出す
  3. 手段を決める

1.半年から1年後に成りたい自分を想像する

まずは、成りたい自分の軸を作りましょう。この軸が無いと「何すればいいの?」状態になって時間やお金を浪費してしまいます。

成りたい姿ですが、深く悩む必要はありません。さっきも説明したように今は技術の進歩が加速度化されているので成りたい姿はすぐに変わる可能性もあります。

成りたい姿を決めるポイントとしては「今の職種が極めた場合の姿」「趣味を極めた場合の姿」「楽しそうだけど手を出していなかったものを極めた時の姿」をもとに緩く設定してしまって問題ありません。

成りたい自分になるための課題をこなすなかで「もっとこうした方がいいな」「やっぱり違うな」って事が必ず発生します。

だから、成りたい姿に悩む時間を長くするならトライアンドエラーでどんどん先に進めてしまった方が時間もお金も有意義に使うことができます。

2.成りたい自分に必要な課題を洗い出す

次に成りたい自分に必要な課題を可視化します。違う言い方をすると、成りたい自分になるための「自分に足らない物」を洗い出します。

課題によっては具体的に設定した方がいいです。例えば英会話が課題になった時にモチベーションを維持しつづけることがポイントとなります。

この時にTOEIC800点など具体的な目標値があればモチベーションが下がらず、さらに副次的にその具体的な課題を達成するために必要な行動を見出しやすくなります。

3.手段を決める

最後に「何で」課題を達成するかの手段を決めます。例えばTOEIC800点であれば「スクールに通う」「参考書を買う」「オンラインで個人教師を雇う」などなど。

何を選択すればいいかは自分が許容できる時間とお金、さらに自分が伸びやすい環境を軸に選択すると良いです。

たとえば、マンツーマンでやってもらった方が集中できる方であれば「オンラインで個人教師を雇う」など最適です。今はスクールに通う場合の半額以下で対応できるものがおおいのでこの選択肢もかなりいいと思います。

はじめやすい自己投資

自己投資って聞くと「大金が必要なんじゃ」と思う方が多いですが、実はそんなことありません。

やり方によっては0円で始められるものもありますし、月額でも5,000円を上回るものは多くありません。

  • 読書(0円~)
  • 異業種交流会(0円~)
  • 英会話(1,000円程度~)
  • 資格取得(3,000円程度~)

資金面であまり負担にならなければ「とりあえずやってみよう」って気持ちになりますよね?その気持ちを大事にしてください。

自己投資はあまりお金がかかりません。まずは試してみるって事が大事です逆に言うとやってみなくちゃ成長は0です。やってみて違うなって思っても、そのことを気づけただけでも成長してる証拠です。

まずは行動しよう!

自己投資にはいくら使っていいの?

そこまでお金がかからないと言っても、やはり収入の一部を投資することになるので気になりますよね。

現役FPの僕が「何円までを自己投資にまわしても問題ないか」を調査した結果

手取の10~15%が適正価格でした。

例えば、給与の手取りが24万円だった場合24,000~36,000円が自己投資に使っていい金額になります。

ただし、今の生活がカツカツの場合は注意が必要です。その場合は一旦自己投資は控えて生活水準を標準に戻すようにしてください。無理して自己投資してもストレスが溜まるばかりでいい事はありませんので、無理のない範囲内で投資をしてみましょう。

 

自己投資について理解することはできましたか?繰り返しになりますが、行動しなくちゃ結果は0です。仮に失敗しても行動すればその分は確実成長にします。まずは行動することがポイントになります。僕もこの記事の読者が成功できるようにお祈りしています!

さぁ!今すぐ行動しよう!

●筆者概要
マーケティングとお金のプロ
(マーケティングコンサルタント/ファイナンシャルプランナー(AFP、ファイナンシャル技能士2級)/金融経済教育者)
●経歴
会計事務所職員→コンサルティング会社(金融系マーケター)→LINE(金融系マーケター)→mife起業
●mife概要
学生や新婚夫婦に向けた金融経済教育、ファイナンシャルプランナー(AFP)、金融系のマーケティングコンサルタントとして活動中。

Hiroaki Hagiya@mife代表をフォローする!
お金
この記事をシェアする!
Hiroaki Hagiya@mife代表をフォローする!

ランキング参加中!応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

mife blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました