子育て費用は意外とかからない!?【教育費平均を現役FPが解説】

お金

「子育て費用はいくらかかるの?」と悩みを持つ人は必見です。

この記事では各世帯ごとに調査した子育て費用の平均金額、世帯年収に対する適正の子育て費用を現役FPが解説します。

こんな悩みがある人は必見
  • 子育て費用がいくらか知りたい
  • 子育て費用の適正金額を知りたい
  • 教育費で何の習い事ができるか知りたい

子育て費用は意外とかからない!?

子育てにかける費用は人それぞれですが「愛する子どもにはいくらでも出したい」が本音ですよね?

ですが、子育て費用をかけすぎて生活が苦しくなっては幸せから遠ざかってしまいます。

この記事では各家族が子育てにかける平均金額世帯年収に対する適正金額を詳しく解説します。

point
  • 子育て費用は取捨選択で決まる
  • 公立と私立で年間200万円以上も違う!!

幼稚園から高等学校までの学費

「子育てはお金がかかるんでしょ?」と考えている人は間違いです。

「何を与えるか」の選択で子育て費用は高額にも少額にもなります。

例えば幼稚園から高等学校までの学習費(学校外活動費を除く)は、全て私立の場合年間3,025,044円、全て公立の場合年間698,809円かかります。

学習費だけで年間2,326,195円も変わります。

出所: 平成28年度子供の学習費調査の結果について (文部科学省)

つまり、子育て費用は「どんな教育をさせるか」「何を与えるか」の選択で高額にもなれば少額にもなります。

この後に世帯年収ごとの適正子育て費用を解説しますので上記の金額を参考に照らし合わせてください。

大学の学費

高等学校等と同様に大学も公立、私立、国立で学費が異なります。

一般的に国立、公立は学費が低く私立は高額のイメージがありますが、実際いくら違ってくるのか以下の表にまとめました。

  • 国立大学
    • 入学金:282,000円
    • 学費(年間):535,800円
  • 公立大学
    • 入学金:393,426円
    • 学費(年間):527,809円
  • 私立大学(文系)
    • 入学金:242,579円
    • 学費(年間):746,123円
  • 私立大学(理系)
    • 入学金:262,436円
    • 学費(年間):1,048,763円
  • 私立大学(医学)
    • 入学金:1,038,128円
    • 学費(年間):2,737,037円

国立と公立では学費に差は少ないものの、私立は学部問わず高額になります。さらに理系、医学になると授業料だけでも年間100万円を超えます。

学費以外の子育て費用

学費以外にも習い事、クラブ活動学習塾等の学校外活動費が発生します。

平均金額は幼稚園から高等学校までの学費の「学校外活動費」を参照いただくとわかりますが、費用のピークは中学校になります。

幼稚園や小学生は主に習い事やクラブ活動が学校外活動費に該当しますが、中学校では受験対策で学習塾に通うためです。

なお幼稚園や小学生の習い事やクラブ活動は費用をかけようと思えばいくらでも出せます。しかし冒頭に説明した通り生活が崩れてしまう可能性があります。

次のトピックスで収入に適した子育て費用を解説します。

適正な教育費は?

子育て費用の適正金額は収入(手取)の5%~10%です。

例えば収入(手取)が30万円だった場合は3万円が適正金額です。

この金額内であれば生活水準を下げることなく適度な教育、習い事ができます。

もちろん「もっと子どもに習い事をさせたい!」という方は多少子育て費用が増えても問題ありませんが、2万円を超えて上振れした場合は子育て費用の見直しをおすすめします。

日常生活の幸せ無くして、子どもの幸せを得ることは難しい事を心に留めておいてください。

「子どもが興味を持ったもの」「今後の人生に活かせる習得させたい技術」を適正金額と照らし合わせながら優先順位をつけて選択することが一番好ましいです。

保育・義務教育の無償化

2020年10月から幼児教育・保育の無償化が始まります。

○ 幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳までの全ての子供たちの利用料が無料になります。

○ 0歳から2歳までの子供たちについては、住民税非課税世帯を対象として利用料が無料になります。

○ 幼稚園、保育所、認定こども園に加え、地域型保育も同様に無料になります。

出所: 幼児教育・保育の無償化 (内閣府)

所得問題で子育て費用をかけられない家庭でも制度を使うと子どもによりよい教育を提供できます。

海外と比較するとまだまだ教育に対する施策は少ないですが、日本も平等な教育が受けられる制度を徐々に整備している状態です。

子育て費用は選択次第です。親は子に「何を学んでほしいか」子は「何を学びたいか」を親子でコミュニケーションすることで優先順位を付けることができます。

その後に適正金額内で「何の」教育ができるかを順に沿って考えていくと幸せな子育てライフを楽しむ事ができます。

●筆者概要
マーケティングとお金のプロ
(マーケティングコンサルタント/ファイナンシャルプランナー(AFP、ファイナンシャル技能士2級)/金融経済教育者)
●経歴
会計事務所職員→コンサルティング会社(金融系マーケター)→LINE(金融系マーケター)→mife起業
●mife概要
学生や新婚夫婦に向けた金融経済教育、ファイナンシャルプランナー(AFP)、金融系のマーケティングコンサルタントとして活動中。

Hiroaki Hagiya@mife代表をフォローする!
お金
この記事をシェアする!
Hiroaki Hagiya@mife代表をフォローする!

ランキング参加中!応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

mife blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました