家事代行サービスのおすすめは?【現役パパのおすすめ】

生活

仕事・家事・子育てが忙しくて自分や家族の時間を確保するために家事代行サービスを調べてみた人は多いんじゃないでしょうか?

だけど「家事代行の会社が多すぎて選べない」「信頼性があるか心配」「自分に適した金額のサービスを使いたい」など比較ポイントが多すぎてなかなか先に進まないと悩んでいる人は必見です。

実は、僕も2歳になる息子を育てながら家事や仕事と奔走されていましたが課題解決のために家事代行サービスを選ぶときのポイントを現役パパ(現役FP)視点で徹底比較しました。

この記事ではその研究結果で得た選択のポイントと各社の特徴を紹介しています。読み終わるころには自分に適した家事代行サービスがきっと見つかります。

家事代行サービスのおすすめは?

家事代行サービスを使おうと思って各社のWebサイトを閲覧した人は「結局どれを選んだらいいの?」って悩んでいるのではないでしょうか?

このように様々な会社がサービスを提供してる場合は、はじめに自分の判断ポイントを設定しておくとスムーズに比較検討ができます。

次のトピックスでその比較ポイントを簡単に解説していきますね。

家事代行サービスを選ぶ際の比較ポイント

家事代行サービスの選択ポイントは以下の通りです。

  • 料金
  • 使いたいサービス
  • 利用頻度

料金

まずは何といっても「料金」です。どの程度自分がお金を出せるかがポイントになってきます。

ただし闇雲に○○円までなら許容範囲内!!って感じで設定してはいけませんよ。

幾ら出せるのかを考えるときは費用対効果を念頭においてほしいのですが「浮いた時間で何をするか」をぼや~っとでもいいので考えてみてください。

その後に「○○するための時間を買えるなら○○円までは出せるか」と考えると家事代行サービスの大まかな適正金額が設定できます。

もちろん、実際に料金体系を見たら上振れすることもありますが、まずはこの指標を設定することがポイントになります。

それに、やりたいことを可視化すると副次的効果で浮いた時間は必ずその行動にあてるようになります。

また、実際の金額が大きく上振れしてしまった場合は家事代行サービスの利用はおすすめしません。

結局、家事代行サービスを使っても想定よりお金を使いすぎてしまった場合は生活基準を下げるかもしれませんし、浮いた時間を使っている間でも気が散ってしまいなかなか手につかないと思います。

だから最初に

浮いた時間で何をするか」の設定が必要になります。

使いたいサービス

家事代行サービスと言えど、サービスの種類はいくつもあります。

「料理」「掃除」「子育て」「洗濯」

などなど。

先ほどの費用対効果を設定するとどのサービスを使って時間を削減したいのかが見えてきます。

削減できる時間は程度にもよりますが、週末にまとめて料理や洗濯をしちゃうってことであれば大体以下の通りの時間がかかると思います。

  • 料理: 1~2時間程度
  • 掃除: 1~2時間程度
  • 子育て:終日
  • 洗濯:1時間程度

この時間を「浮いた時間で何をするか」と合わせてもう一つの選択軸として持ってみると選びやすくなります。

利用頻度

最後はどの程度サービスを利用するかです。

この判断基準も「浮いた時間で何をするか」です。例えば掃除や料理であれば1度サービスを利用すれと1~2週間程度は家事をしなくても大丈夫です。

なので、利用頻度は月2~4回程度だと思いますが、その時に月にどの程度「浮いた時間で何をするか」にあてる時間を考えてみてください。

たとえば毎日1時間は勉強に時間をあてたいという場合であれば週1の利用で十分だと思います。

もし、もっと利用頻度を減らしたい場合、パートナーが同居している場合であれば家事を分担することによって2週間に1度に抑えることも可能です。

つまり利用頻度のポイントは「浮いた時間で何をするか」に加えて、家事をパートナーとどの程度分担できるかを判断ポイントにいれてみると良いと思います。

因みに僕の家庭では

  • 僕:掃除、洗濯、食器洗い、育児
  • 奥さん:料理、買い出し、育児

といった具合ですが、お互いにやりたいことがある場合は臨機応変にカバーしあって家事をしています。

このカバーしきれない部分を家事代行にあてているって感じですかね。

家事代行の助成金・補助金

だけど「もう少し費用は減らしたいなぁ」って方には朗報です。

地方自治体によっては家事代行を利用した場合助成金が支給される制度があります。支給額は自治体によってそれぞれですが、出してくれるところだと30万円支給してくれるなんてこともあります。

支給を受けるためには条件がありますので区役所などの地方自治体のページを見たらお得な情報が見つかるかもしれません。

おすすめの家事代行サービス

ここでは現役パパ(現役FP)がおすすめする家事代行サービスを紹介します。

料金、サービス、信頼性ともに担保されているサービスでしたので選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

イエキーピング

センコー株式会社の子会社である株式会社イエノナカカンパニーが運営する家事代行サービスです。東証一部上場というだけあって信頼性やサービスの質は非常に高いことで有名です。

だけど「有名どころで質が高いと高いんじゃ?」って不安をもったかたは安心してください。

イエキーピングはサービス内容を細分化することで、自分が欲しいサービスが低料金で買えるサービスになっています。

つまり「この掃除は自分で出来るんだけどなぁ」「料金内に入っているから高くなっちゃうなぁ」ってことはありません。

自分がやってほしいとこだけを依頼できるので低料金が実現できたサービスなんです。

  • 1時間あたりの最低料金:2,138円(税込)
  • お試しプラン:4,000円(税込)(交通費込み)
  • 対応エリア:東京都23区
  • URL:http://iekeeping.ienonaka.jp/

CaSy

知っている方は多いんじゃないでしょうか?メディアでも多く取り上げられている事から家事代行サービスとえいばこのワードは必ず出てくる位有名です。

その有名な理由は料金の安さと品質の高さから言えます。口コミも他社と比べて圧倒的に満足度の高い結果になっていました。

また、対応エリアも比較的広い事から使い勝手も抜群です。

  • 1時間当たりの最低料金:2,365円(税込)
  • お試しプラン:なし
  • 対応エリア:東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府・兵庫県
  • URL:https://casy.co.jp/

Bears

こちらも有名どころですね。他社と比較して若干料金は高いものの品質はNo.1といっても過言ではありません。

この品質担保の背景にはスタッフ向けの教育研修制度とも言えます。家事はもちろんのこと、言葉遣いや立ち振る舞いなど徹底的に教育されるためとても気持ちよく利用することができます。

僕は色々使ってみましたが、最終的にBearsに落ち着きました。

やはり、家に知らない人をあげるのであれば素敵(?)な人がいいですよね!

また、老舗だけあって対応エリアはもっとも広く主要都市はカバーされています。

  • 1時間当たりの最低料金:2,538円(税込)
  • お試しプラン:10,620円(税込)
  • 対応エリア:北海道・愛知県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・福岡県
  • URL:https://www.happy-bears.com/lp/kaji_trial/

 

自分にあった家事代行サービスは見つかりましたか?

まずは「浮いた時間で何をするか」がポイントになります。その後、自分の課題を解決できるサービスを選択してみると良いですよ。

まだまだ多くの家事代行サービスはありますが、今回は本当のおすすめだけ紹介させていただきました。

●筆者概要
マーケティングとお金のプロ
(マーケティングコンサルタント/ファイナンシャルプランナー(AFP、ファイナンシャル技能士2級)/金融経済教育者)
●経歴
会計事務所職員→コンサルティング会社(金融系マーケター)→LINE(金融系マーケター)→mife起業
●mife概要
学生や新婚夫婦に向けた金融経済教育、ファイナンシャルプランナー(AFP)、金融系のマーケティングコンサルタントとして活動中。

Hiroaki Hagiya@mife代表をフォローする!
生活
この記事をシェアする!
Hiroaki Hagiya@mife代表をフォローする!

ランキング参加中!応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

mife blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました